2021年4月6日火曜日

トマシバが始まって、感じた「うれしい」と「がんばろう」。

天候 晴れ
今歌 「太陽」森山直太朗 


やっほー!
たまには、ただただ自分が思っていることを書くだけの記事があっても良いんじゃないか。
ということで、書きますよ。


2021年4月1日。
自分自身が関わる鳥取大山での仕事エンジンがかかり始めるころ。
その一つである「トマシバ~泊まれる芝畑~」が遂に今シーズンもはじまりました。


今年四年目を迎えたトマシバは、去年あたりから自分の足で歩けるように。
まったく知らない方の予約が大半を占めるようになってきました。


トマシバを予約したキッカケで一番多いのが「Instagram」。
次いで様々なメディアや紹介が並びます。そんな中、今シーズン初のトマシバに滞在してくださった方は「テレビ」がキッカケでした。


数年前にトマシバが出演した番組をたまたま見ており、ずーーーっと行きたいと思ってくれていたみたい。
今回は、小学生の娘さんの卒業記念に、親子三世代で訪れます、と。


「夢に見るほど楽しみにしています。」
トマシバに訪れる前日に頂いた言葉。ぐーーーっと嬉しい気持ちになりました。


チェックインの際にトマシバで迎え入れ。
滞在中にほんの数回ですが、BBQ準備や寝具などのお届けものをすることがあったり。
どのタイミングで訪れても、とてもとても楽しんでくれていました。


自分たちが胸を張って思えた「めっちゃ良い」を形にしたトマシバ。
それをこんなにも楽しみにしてくれて、こんなにも楽しんでくれている。
なんか「うれしい」と「頑張ろう」が混じった感情がふつふつと。


そんな感情を、きちんと全部受け取らせてもらえるのも一日一組限定のトマシバだからだな、と。
しっかり一組一組と向き合えるということは、訪れてくれる方たち以上に、自分たちの気持ちを大事にするってことでもある。


消費的に対応しないということは、自分の気持ちも消費されないってことだ。
そういう環境を作れたり、そういう環境に身を置けたりすることは、しあわせなことだな。


「めちゃくちゃ大勢を迎え入れるのではなくて、来てくれたひとりひとりの胸にズドンと響くようなものを。
ただただ観光地を巡る表面的なものではなくて、大山の暮らしにしっかり触れれるようなことを。」 (関連記事「【卒業】鳥取県大山町地域起こし協力隊を卒業します。」2016年4月1日)


鳥取大山で、任期三年の地域おこし協力隊を一年で辞めた時につづった言葉。
すこしずつすこしずつだけど、言葉に事々が追い付いてきてる。
目に見えない誰かではなくて、目の前にいるひとりひとり。


ネットに情報はのっていなくたって、大事なものは存在してるよ。
目の前の世界をいちばんに、ちゃんと見よう。
その先になんだって繋がっている、世界は地続きだ。


「うれしい」と「頑張ろう」をきちんと全部受け取って、
新年度新しい始まりも楽しくやっていきましょうー!!!!!
がんばるぞー!!おー!!!







紹介したいもの。


■カケルキッチン
毎週土曜限定。週替わり店長のお店。



■シゴト場カケル

鳥取大山で運営しているシェアオフィス。写真、デザイン、動画制作、イベント企画立案、クラウドファンディンまで、各ジャンルに特化してるメンバーでチームを組んで対応します。なにかご相談あればお気軽に下記からどうぞ~!



■トマシバ


2021年4月1日OPENしました!
鳥取県大山の麓。名峰大山と日本海のあいだ標高300mに広がる広大な芝畑で、一日一組限定のグランピング。暮らしに触れる様々なアクティビティもご用意。滞在される方ひとり一人に合った旅行コースの相談ものってます。(
トマシバ詳細は画像をクリックしてね。)




■鳥取のプロ、まさし


観光プロデューサーまーしーが、鳥取の魅力をゆるく発信するYouTubeチャンネル。(
詳細は下記画像をクリック!)







 

2021年4月4日日曜日

【カケルキッチン】おいしいもの食べたいから、週替わりの贅沢レストランはじめてみた。

天候 雨
今歌「うちのごはん


やっほー!!!今歌からも分かるように本日はごはんのお話し。
この度4月3日(土)から、運営しているシェアオフィス「シゴト場カケル」にて、Kakeru kitchenがスタートしました。今回はそんな一回目の様子と「Kakeru kitchen」についておしゃべり。




Kakeru kitchen』ってなに?


Kakeru kitchenとは、毎週土曜日限定、美味しい料理が食べられる週替わり店長のレストランです。時間はランチ限定で11:00-14:00。第一回目、トップバッターの店長は、鳥取県倉吉を拠点に活動している「養生料理アッコ堂」のあっこちゃんでした。

(関連記事『【あっこ堂】『DAISEN PARTY in まぶや』を開催してみた。』2017年9月18日)
(関連記事『【まかないシェフ】薬膳ガールあっこの大山食材巡り。』2017年9月15日)




ご覧のように大盛況で、ご近所さん含めいろんな方に足を運んでもらい、とってもうれしい!!ありがとうございます。
そんなあっこ堂、本日のランチメニューはこちら。




春の薬膳ランチ  ¥1,000円(税込み)
・大葉入り鶏つくね焼き
・ふぐのしゃぶしゃぶポン酢
・出し巻きたまご
・ふぐの煮物
・菜花からし和え
・野かんぞうお浸し
・白菜つけもの
・黒米ごはん
・お味噌汁


ワンプレートに春がぎっしり詰まったランチ、めちゃ美味しかったです。
今回逃してしまった方は、ぜひ次回。あっこちゃんは来月一週目にまたまた登場します。


Kakeru kitchen』になる、まで。



もともと今回の場所である「シゴト場カケル」がシェアオフィスになる前は、レストランとして運営されていました。…が、カケルでは飲食店としては利用していなかったので、カケルキッチンをスタートするに際して、カケルキッチンメンバーが中心となり、飲食店仕様にカケルをバージョンアップしました。



それぞれメンバーが自発的に、必要な食器や備品などの買い出し。キッチンエリアの整備などをしてくれました。おかげで、めちゃ気持ちよくごはんが食べれるように、作れるようになりました。あっこちゃん、みっちゃん、ちなってぃ、めぐさん、たまちゃんありがとうございます!!!



そんなこんなで、かつて飲食店が開かれていた時から十数年の時を経て、レストランとして戻ってきた『Kakeru kitchen』。今後も毎月毎週土曜日美味しいご飯が食べれますので、ぜひ遊びに来てくださいね。


ちなみに『Kakeru kitchen』の担当週はこちら。

1週目:養生ごはんあっこ堂

2週目:ごはんみっちゃん

3週目:季節のランチルームさざなみ

4週目:沖縄料理うまんちゅ広場

5週目:ゲスト枠



来週は、『ごはんみっちゃん』が大山産の猪ジビエを使った猪カレーが食べれますよ。



お、お、お、おいしそー!!!!!お腹がすいてきな~美味しいご飯大好き!
ということで、毎週土曜日は『Kakeru kitchen』へGO!!!





紹介したいもの。


■カケルキッチン


■シゴト場カケル

鳥取大山で運営しているシェアオフィス。写真、デザイン、動画制作、イベント企画立案、クラウドファンディンまで、各ジャンルに特化してるメンバーでチームを組んで対応します。なにかご相談あればお気軽に下記からどうぞ~!



■トマシバ


2021年4月1日OPENしました!
鳥取県大山の麓。名峰大山と日本海のあいだ標高300mに広がる広大な芝畑で、一日一組限定のグランピング。暮らしに触れる様々なアクティビティもご用意。滞在される方ひとり一人に合った旅行コースの相談ものってます。(
トマシバ詳細は画像をクリックしてね。)




■鳥取のプロ、まさし


観光プロデューサーまーしーが、鳥取の魅力をゆるく発信するYouTubeチャンネル。(
詳細は下記画像をクリック!)







 

2021年3月20日土曜日

【空き家マッチング】面白そうだから、鳥取大山でまーしー不動産やってみた。

天候 雨のち曇り
今歌 「」FM802 × TSUTAYA ACCESS! キャンペーンソング
(あいみょん/尾崎世界観(クリープハイプ)/片岡健太(sumika)/GEN(04 Limited Sazabys)/斎藤宏介(UNISON SQUARE GARDEN)/スガ シカオ)



やっほー!
久しぶりのブログ記事。なんかこれが毎回の枕詞みたくなってる(笑)



ブログ記事ですが、改めてちょくちょく書いていこうかなと思っています。
最近毎朝のclubhouseにて早起きの習慣が完璧にできたので、そんな朝すっきりしているタイミングで。



さっそく本日は、最近趣味的にやってる「まーしー不動産」という活動をご紹介します。笑



『まーしー不動産』って一体なんだ?



簡単に言うと、鳥取・大山周辺の外部に出ていない空き家情報を紹介して頂き、その情報をピックアップ。ピックアップした外部に出ていない「空き家」を、顔が見える関係性の人に紹介する「空き家と人のマッチングサービス」的な遊びです。



僕が暮らしている鳥取大山周辺には、空き家がたくさんありまして、その空き家を解消する取り組みや、仕組みにも力を入れています。例えば、空き家バンクと言って、住んでほしい空き家の情報を見える化していたりします。(関連サイト「鳥取県大山町空き家バンク」)



ただそんな中には、表には出ない空き家物件の情報もたくさんあったりします。なぜ表に出ないのかと言えば、色んな理由がありますが、その一つに知らない人には紹介しにくいという心理があります。



地方における空き家は、空き家単体で成立しているわけではなく、集落や地域の中の一つとして存在していることが多いです。なので、その家に暮らすということと、地域コミュニティに関わることは、ほぼセット。そこに暮らす人たちと合いそうかどうか、集落と付き合っていけるかなども大事な視点になっていきます。



だからこそ、顔が見える人の紹介という点が大事になってきます。
「行政や業者には出しにくいけど…知ってる人の紹介でなら…」
まさにそんなところからアプローチしているのが「まーしー不動産」です。



『場所』ではなく『人』に紐づいた不動産情報なので、分かりやすいように、あえて「まーしー(見える個人)」不動産と勝手に名付けてます。笑


「まーしー不動産」空き家の顔ぶれが違う理由。


『まーしー不動産』は、「潜在的にまだ情報として表に出てない空き家情報は、行政や業者の仕組みからではなく、個人からの繋がりからしか出てこないのでは?」という仮説に立って動いています。(仮説と言うか、実際にそれで物件がけっこう決まってるのを目撃してた)



つまり、行政や業者のような仕組みから、見える化できる物件はすでに、ある程度出切っていて。現行の仕組みを、ブラッシュアップしていく方向性ももちろん大事ですが、それと並行しながら別軸からのアプローチも有効だなと。



なので、現存の仕組みとはバッティングもしないし、そもそも出てくる「空き家」自体の顔ぶれも変わってくるのではと思います。



そして何よりも僕自身が、鳥取や大山の「入口」になるような仕事をしているのも大きいです。「まーしー不動産」的な情報をもっていることで、鳥取や大山の「入口」周辺で関わる人には、必要であれば「家」という「暮らす場所」探しまでのサポートができる。



間にたって、ミスマッチなく、つなげること。
それは家主さんにとっても、賃貸(購入)する人にとってもハッピーなこと。
ひとりひとりに合ったちょうどいい形を見つける「入口」のかかり。



ちなみに空き家情報は公で詳細な情報公開などはしていません。
それをしないからこそ、出てくる空き家情報でもあるので。


(鳥取・大山の入口的仕事の関連記事「シェア別荘わたげ荘のこと~暮らしと観光を繋ぐ~」「OrangeTrip~暮らしに触れる観光~」「鳥取暮らしアドバイザー~鳥取の入口的仕事~」「【地方への移住】『家探し』をやめよう。地方で、理想の暮らし方をするなら『段階的移住』がおすすめ。」)


そんなこんなで「まーしー不動産」初マッチング!



そして!!めでたいことに先日「まーし不動産」で、初マッチング成立しました。
シェア別荘わたげ荘のメンバーで、四月から大山町に移住&会社事務所も移転して、事務所兼お家として利用していくことになりそうです。楽しみ!
(関連記事「シェア別荘わたげ荘のこと~暮らしと観光を繋ぐ~」)



肌感覚的には、無理ない範囲で一年間でも続けていけば、5-10組くらいは良い感じにマッチングできるんじゃないかなと思いました。引き続き、好奇心の続く限りはやっていきたいと思います(笑)



もちろん大山町は「移住定住」センターが頑張っているので、空き家を探している人にはそこも紹介をしながら。つまりは、「まーしー不動産」的個人の動きも、「行政」「業者」のサービス・事業的動きも両方大切。



どちらが良い悪いとかでなく、大事なのは棲み分け。棲み分けたうえで、最終的に個人でやってる「まーしー不動産」の知見で、「行政」「業者」向けに活かせる部分があれば、それはシェアしていこうと思っています。



公には出せないけど、個人的にだったら紹介できる物件あるよーという方は、ぜひぜひご連絡お待ちしてます~。暮らす場所の特性や要望なども聞いたうえで、空き家に合いそうな友人と一緒に見に行かせてください。



以上!そんな感じで「まーしー不動産」一件決まったので、おめでたい気分になりながら記事を書いてみました。これから定期的にブログ記事書くの復活していくので、また次回お会いしましょう~!




紹介したいもの。




■シゴト場カケル

鳥取大山で運営しているシェアオフィス。写真、デザイン、動画制作、イベント企画立案、クラウドファンディンまで、各ジャンルに特化してるメンバーでチームを組んで対応します。なにかご相談あればお気軽に下記からどうぞ~!



■トマシバ


2021年4月1日OPEN!予約はじまってます!
鳥取県大山の麓。名峰大山と日本海のあいだ標高300mに広がる広大な芝畑で、一日一組限定のグランピング。暮らしに触れる様々なアクティビティもご用意。滞在される方ひとり一人に合った旅行コースの相談ものってます。(
トマシバ詳細は画像をクリックしてね。)




■鳥取のプロ、まさし


観光プロデューサーまーしーが、鳥取の魅力をゆるく発信するYouTubeチャンネル。(
詳細は下記画像をクリック!)