2018年1月16日火曜日

【旅する酒場サカタビ】学生バーテンふたりと一緒に、DAISEN NIGHTを開催してみた。

天候 晴れ
今歌 「ギフト」ET-KING


やっほー!!久しぶりに二日連続のブログ!今日は池袋から更新。
そう、それもそのはず。本日から『旅する酒場サカタビ』にて『旅するNIGHT』の第二弾『ABIKO NIGHT』が実施されるのです。

1月9日~1月11日までは第一弾『DAISEN NIGHT』を実施!
鳥取特産である『白バラカクテル』は大好評。また、最終日はファーム山下さんから、手作り産地直送モッツアレラチーズを、お酒のおつまみに頂きました!こちらも大人気!

せっかくなので、『ABIKO NIGHT』に突入する前に、『DAISEN NIGHT』を振り返りたいと思います!





そもそも『旅する酒場サカタビ』って?



まずは『旅する酒場サカタビ』の説明を改めて!
池袋西口五分。OPENしたのは去年11月とかなり最近。
大学時代いちばん時間をともにした大樹が店長を務めるお店です。

ちなみに裏話をすると…OPEN前はけっこうはなしをしてて、
最初は、お店の名前を『ターミナル』にしようとしていました(笑)もうそれで決まりかかってたのですが、まじで超絶イメージわかなかったので、全力で止めました(笑)

そのとき一緒に名前を考えて出てきたのが『サカタビ』。大樹が好きな『酒』と『旅』を繋げて『サカタビ』。話してたら一瞬で出てきた。屋号や店名は『顔』だから、店主同様、店名もドストレートそのまんまが一番つたわる!いいお店の名前だ!!

ちなみに大樹は、日本をチャリで回ったり、世界一周に行ったり、日本や世界のおもろい場所をたくさんみてきてます。そんなオモロイ場所や、人との出逢いのキッカケをつくるために『サカタビ』をつくったんだろうと思います。日本や世界の旅から「楽しい」をギッシリ詰め込んだ旅する酒場『サカタビ』。

今回は、『サカタビ』の旅や人とのキッカケをつくるというコンセプトにのっからせてもらい、一か月に渡ってコラボすることになりました。
☟もっと大樹を知りたい人はこちらからどうぞ笑☟
(関連記事『【東京帰省】東京でのむかしばなし、おもいでばなし。』)



DAISEN NIGHT』開演!


それではさっそく『DAISEN NIGHT』を振り返っていこうと思います!
ずんっ!!



今回は、鳥取県の名産でもある『白バラ牛乳』のオリジナルカクテルをご用意しました!
そしてイベント開催を知った大山町にある鳥取唯一の教育ファームである『ファーム山下』の敏子さんから、お酒のおつまみにと、産地直送モッツアレラチーズも。本当にありがとうございます!!
(ファーム山下 関連記事『【いのちのにおい】最高の誕生日プレゼント』)

今回バーにふらっと立ったのは、伊藤ちゃんと、ありさちゃん。ふたりとも大学生だけど、鳥取や大山にも縁があり今回一緒にバーに立ってもらうことになりました。東京と大山を横断的に行き来できる自分の役割は、『大山』(今回は大山チャンネルさん)が生み出した『キッカケ』をつないでいくこと。
(関連記事『【大山チャンネル インターン】東京の大学生が、大山町にやってきた。』)

一日店長がまさかの三人(笑)



それでは、さっそくOPEN前に撮影した『ひとこと』を動画でどうぞ!笑
ふたりともちょっと緊張してるのがうける(笑)


お店も『DAISEN NIGHT』仕様に!


『DAISEN NIGHT』メニュー!



美味しそうな白バラカクテル(店長オリジナルブレンド)!



産地直送モッツアレラチーズの生ハム巻き!
チーズがめっちゃ濃厚と大人気でした!!敏子さん本当にありがとうございます!



ちなみに学生店長ふたりは、バーに立つのがはじめて!大樹がしっかりカクテルの作り方&作法を教えてくれました!ありがとう!


バーに立つのが老後の夢だったありさちゃん。
19歳にして夢一つかなえる(笑)


大学休学して一年間鳥取で活動してた伊藤ちゃん。
氷を割るのにけっこう苦戦してた(笑)



『DAISEN NIGHT』開演!
この三日間は、たくさんの方に足を運んでいただきました!
かるく写真でふりかえってみよと思いますーぱしゃり!

フレスコボール事務局長 長ちゃん&ETICペコが初サカタビ。
ワカツバはリピーター笑


ぽんすぎサンクス!


ニハシ&やまぴ!


サカタビゲームもできるんです(笑)


みちくさの達人櫻澤さん、藤原さん、ゆうさん、チーム緑のざわわ&ヤマタツありがとうございます!


チーム大山のなお!ありさちゃんと同じく大学一年生!久しぶりに大山インターンメンバーの話聞けてよかった。まじまんじ!笑



写真とってなくて、のせられませんが、ほかにもたくさんの方にきていただきました。
本当にありがとうございました!みんなが足を運んでくださったおかげで、伊藤ちゃんとありさちゃんも貴重な体験ができたと楽しそうに帰っていきました!

非常にいい空間ですごせた三日間。『DAISEN NIGHT』でした!

そ!し!て!
気になる人は気になってたかもしれない、僕が着てたオレンジの半袖。
実はこれ、『大山オリジナルTシャツ』なんです。じゃん!!!



このTシャツは、大山でしごとをしているマツタク君からもらったオリジナルTシャツです。なんかよくない!?ほんと全然よくわかないんだけど、このTシャツめっちゃすきなんだよね!
いまは冬の大山雪山の中で、こもって働いてるはず!

マツタクは、同い年で、大山に対する内に溢れる熱量はんぱない。よく定期的にいっしょに銭湯いくんだけど、毎回おもうね。ちなみにどんくらい半端ないかっていうと、自費で大山の『おみやげ』をつくっちゃうほど。大山の山頂で購入できる『てぬぐい』があるんだけど(たぶん今も販売してるはず!?)、それもいろんな人と協力して自費でつくってた。

お金があるからやる、やらないんじゃないんだよね。やりたいからやるってスタンス!
そんなまつたくのスタンスで作ったオリジナルTシャツで『DAISEN NIGHT』は乗り切りました!まつたくありがとう!!!



卒業ぶりに、交差した仕事。



そんなこんなで大好評のうち『DAISEN NIGHT』を終えました!
卒業してから、大樹とはいつか必ず一緒に仕事をするタイミングがくるとは思ってて、でもこんな早く実現するとは思わなかったなぁ。「お互いそれぞれの道でまずは力をつけよう」と社会人になるときに交わした言葉が、現実になりました!

それぞれ自分の場をもてたことがでかいね!おれは『大山』で、大樹は『サカタビ』。

まぁでも、自分で事業を進めていく以上は、まだまだお互い伸びしろしかないので、この先そこを飛び越えた関わり方もするかもな、ぜんぜんわからんけど!笑

とりあえず第一弾、まじいろいろたすかった!!サンキュー!!!
今月いっぱいよろしく!笑




旅するNIGHT第二弾『ABIKO NIGHT』



そう、そしてまだまだ全然終わらない、旅するNIGHT!
本日からは、千葉県我孫子にフォーカスをあてた『ABIKO NIGHT』です。
どーーん!!(我孫子関係ないけど、きてくれれば自分はぜったいいます笑)
イベント詳細は下記画像をクリック



今回の旅するNIGHTは我孫子!
実は我孫子には20年も続いている我孫子国際野外美術展なるものがあります。
今回は、その美術展に関わってるふたりを呼び寄せました!笑

オリジナルドリンクは、民家直送の『キンカン』を使います。
楽しみ~!本日から三日間の『ABIKO NIGHT』!
ぜひ仕事終わりちょっと時間あれば、足をはこんでみてくださーい!


今回紹介したいところ


■大山乳業農業協同組合




■ファーム山下










2018年1月15日月曜日

【新年しょっぱな】面白そうだから、レコード屋さんでDAISEN PARTYを開催してみた。

天候 晴れ
今歌「日曜日よりの使者」ザ・ハイロウズ


やっほー!!
相変わらず東京におります。最近は東京でフル稼働しています笑

9-11日『DAISEN NIGHT @旅する酒場サカタビ』
12日『block PARTY 長野ゆかり~クラウドファンディング伝道師がやってくる~』
13日『DAISEN PARTY feat block』
14日『IT人材~地方で活きる都会でのIT経験~トークショー@東京交通会館』

連日話しまくってるから、昨日ちょっと声がかすかすになってた(笑)
今日は久しぶりに作業できる日。書きたいことがたまってるので、かくかく。

ちなみに上記でも分かる通り、12日は、根津にある『日本一ハードルの低いレコード屋block』にイベントにゲストとして参加させてもらいました!

block店長で、ゆるそうな雰囲気醸し出してるのに「ここのバイブスをあげていきたい。ジャンル関係なく熱いはなしお願いしやす!!」と実は熱いゆるゆる熱湯系男子鈴木くんと、クラウドファンディングReadyforでガツガツプロジェクト回してるのにバファリンと同じく優しさで出来てるなっちゃんと。
一緒にゲストとしておしゃべりさせて頂きました!

おれが大山や地元駒沢を好きなのと一緒で、そんな気持ちで長野大好きなひとがたくさん集まってて。好きな場所で、何かをはじめたいという気持ちはめちゃ大事だよなぁと!呼んでくれてありがとうございました!

その翌日連チャンで、blockにてDAISEN PARTYを企画実施させてもらって、そして今日は忘れ物を取りにいくという(笑)四日間で三日根津に足を運ぶという頻度の高さ。



ちなみに今日は、忘れ物取りにいきがてらblockのキクちゃんに連れられ『根津神社』へ。実は去年の年末にも、打ち合わせ後まちぶら歩きしたときに行き着いた。その時、この『根津神社』の鳥居の文字バランスに衝撃をうけた。なぜなら、自分の書き初めスタイル(小学校当時の)と激似だったから!
それがこちら!よくわからないかな?


ずーーーむ!!どん!!



どうです?
上大きく書きすぎてどんどん下がちっちゃくなっちゃってるんですよ!ほんと自分の習字スタイルといっしょすぎてやばい!鳥居の文字とか気にしたこととか全くないのに、このときばかりは似すぎてて勝手に目に飛び込んできた。

『根津神社』は、学問の神様を祭ってもいるらしく。
でもあの文字バランスを見るかぎり、確実に一筆目から何も考えずに走り出している。
きっとバランスなんてかんがえず最初からレッツゴーしちゃえばいいんだよ!それが学問につながるんだよー!いやむしろそれが学問!!と言ってる気がします笑

鳥居の文字バランス気になる人は、『block』からの『根津神社』という鉄板コースで、ぜひ足をはこんでみてね!

そして、こんだけ1月東京にいる大きな理由は、1月~2月実施企画『ARUKU DAISEN TOUR』を敢行中だから。(関連記事『【これからの動き方】一番力を発揮できる場所と、できる時期。』)

せっかくなので、そんな『ARUKU DAISEN TOUR』の一環である今回のDAISEN PARTY feat block も振り返っていきましょー!


DAISEN PARTY feat block



今回実施のキッカケは、去年の3月20日にゲストとしてお呼ばれされた『「バザールでしゃべーる vol.3 」都会の小商い、地方の小商い feat. Local Champloo』というイベント。
(関連記事『【東京遠征第三弾】「バザールでしゃべーる 」都会の小商い、地方の小商い @バザール千駄木』)

そこで出会ったきくちゃんが運営メンバーとして関わってるのがblockで、店長すずきくんも紹介してもらって、あまりにも自然すぎる流れでイベントを実施することになりました笑

今回のイベント開催場所は、『日本一ハードルの低いレコード屋block』と銘打ち、クラウドファンディングで資金を募り完成した場所。(関連サイト『谷根千に日本一ハードルの低いレコード屋「block」をOPEN!』引用サイト:『Ready for』)

そんな素敵なレコード屋さんでDAISEN PARTY開催させてもらいました!

最初はかるく自己紹介!からのblockメンバーを紹介!


block店主鈴木くん!
口癖は「バイブスあげていきたい」。ほんつ熱い!(プチ情報:長野出身)


運営メンバー、とよけん!
六拠点生活をしている結果、ハンモックでしか寝られないからだに。(プチ情報:スパイスボーイ)


運営メンバーきくちゃん
実は去年、谷根千エリアで大山の野菜を販売してくれていたことも!いまは建築学びながら、Blockに関わる。(プチ情報:作業場はウェンディーズ)


紹介が終わりお次は、大山のこと、今やってる仕事が一挙にわかる映像タイム!
みんないいかおでみてますねー!


そ、し、て!
山も海もまるっとある大山のことを知ってもらったところで、かんぱい!
DAISEN PARTYのはじまり~雰囲気は、動画でどうぞー!


お野菜は、いつも通り國吉農園の野菜。
六拠点生活をして、各地に赴いてるとよけんが野菜のうまさに驚愕してた(笑)
やはりみっつの野菜は、最高にうまい!!



そしてカニ鍋。もう毎回イベントでカニ鍋作りすぎてカニ鍋職人になってきてます笑
カニの剥き方も指導できるレベルに!美味しい笑顔が最高です!!


カニの剥き方講座の絵


チームblockカニをさばくの絵



このblog記事書いてると、おなかへってくる(笑)
そんな風に思える最高のイベントとなりました!久しぶりに会えた友達とも、はじめましてのメンバーともたくさん話せて大満足でした!!


競争よりも、いっしょに歩く。



『ARUKU DAISEN TOUR』のコンセプト!『東京』に住んでた時には、ずっと地方同士がバトルしてるようにみえた。そして、『大山』で活動し始めてからも、その見え方はあんまり変わってない。

友達が大好きな場所で活動してたり、今回長野ゆかり飲みに参加してる人のはなしを聞いてても思ったけど、やっぱ人によって大好きな場所はちがくて、自分の好きが必ずしも相手に当てはまるわけじゃない。

だからこそ、好きを押し付けるよりも、こっちから歩み寄ることが大事だし。そんなそれぞれの良さを活かせるような動きをしたいなと思う。
それが、『ARUKU DAISEN TOUR』。
好きな場所がたくさん増えるのってめちゃくちゃいいことだと思うんだよなー
そんなそれぞれの場所があわさって、それぞれの魅力が相乗効果になるような。

東京から、鳥取県大山町に地域おこし協力隊で赴任して三か月くらいの時に書いた記事にあったのだけど、ひとによって、その場所とのちょうどいい距離間ってのは違うんだよね。
(関連記事『【新しい観光のかたち】スタンプラリー型観光からの卒業。』)

上記の記事を書いたときと、考え方はすこし変わってて。
まず『町』という区分で観光を考えてないし、観光のゴールが移住とも、これっぽちも思ってない。
それぞれの人にとって、場所とのゴール(ベストな関係性)はちがうから。

一年に一回くらい来るのがちょうどいい人もいれば、
シーズンごとにくるのがちょうどいい人もいれば、
人生で一回くるのがちょうどいい人もいれば、
実際住んじゃうのがちょうどいいひともいる。

だから押し付けるんじゃなくて、そのちょうどいい関係性に寄り添えるようなスタイルがいちばんいい!そんな観光のスタイルをいまは作りたいし、作ってる。それを実現できるやり方も『大山』はもちろん『東京』でも試してる。

一年に一回くるからこそ、その場所を最大限楽しめる人に対して、めっちゃおいでよ!を押し付けるのは違う。
そんなひとには、その場所とは、ちがっためっちゃいい場所を教えてあげればいい。
今回の『ARUKU DAISEN TOUR』でいえば、それがBlockであり、香川松賀屋シェアビレッジであり、広島福山umbrellaであり。友達ががんばってるところ、だいすきなところ。

そうやって自然な流れができれば、もっともっと相乗効果がうまれてくる。
時代的にも、ぜったいてきに一緒にあるくことが大事になってくる。

2020年を一区切りで、今ほど資源が中央から地方に流れてくる期間はおわる。
歴史的に、資源を地方に分散したあとには、だいたい大きな合併がおこる。
この2020年までに、資源を効率的に使える場所を、国もきっと見極めてる。

そこを中心に、行政機能は合併していくとおもう。
つまりそうなったときには『まち』の区分は、より関係なくなっていく。
だからこそ、『まち』同士で競争してる場合じゃない。

DAISEN WORLDというサイトは、それを体現したサイト。
(関連サイト『DAISEN WORLD』)大山は海抜0m~1709mが大山。なので、自分にとっては、近隣の米子市も伯耆町も大山の一部。というかおれの認識では西部はほとんど大山。だって足元からみえるし(笑)

もし大山が大山『町』だけの括りなら、あのサイトに大好きなシネマバレーや、お鮨屋田村、ダチョウ観光農園はのってない。
括りなんて、区切りなんて関係なく、『ひと』からつながる関係性が自然な範囲。
それぞれの場所の魅力を伝え合うからこそ、『大山』の魅力も高まるし、大きく見れば『山陰』の魅力も高まるし、さらに大きく見れば『日本』の魅力も高まる。

個々が頑張ることがしっかり、全体として機能するかたちがいい!!
全体がいい感じになったのが、しっかり個々に還元されていくかたちがいい!!

とりあえずは、まずはじぶんたちでそれを作る!
まぁいっぱい書いてるけど、つまりは
自分が楽しくて、それでまわりも一緒に楽しくなっちゃうような、
みんなが楽しくてそれで自分も楽しくなっちゃうようなことがしたいだけ!
ひとりで笑っててもウルトラつまらないので、いっしょに!!
そんなシンプルなことを、今年はよりいっそう突き詰めていきます!!!

個々人が突っ走ることで、それが全体のちょっとした追い風になるかんじ。
全体が突っ走ることで、それが自分のちょっとした追い風になるかんじ。
みんなでスピードアップ、そんな感じがベスト!!


ということで、明日からまた全力で突っ走ります!!
それでは最後は、「まーしーさん自撮りでいっしょにとりましょう!」と別れ際にいつも自撮りをかますレオンが自撮りしてくれたプチ集合写真でおわかれ!
ぱしゃり!




紹介したいところ



日本一ハードルの低いレコード屋block

レンタルスペースとしても貸し出してるので、興味ある方は下記からぜひ!
☞『レンタルスペースblock



Ready for

なっちゃんがガッツリかかわってるいい感じのプロジェクトは、下記からぜひ!
☞『認知症の方と作る「注文をまちがえる料理店」広がれてへぺろの輪





AGREEN

レオンが頑張ってる千葉西口にある『生産者とつながる野菜カフェ』
こんどいくねー!!



國吉農園

今回のイベントで使用した野菜をつくってます。最高夫婦&らいばるみのりん!
ホームページもできたばかり!ぜひご覧になってください!





次回『ARUKU DAISEN TOUR』は広島!



DAISEN PARTY in 広島福山umbrella

日程:1月20日(土)
申込ページは下記画像をクリック!





2018年1月4日木曜日

【これからの動き方】一番力を発揮できる場所と、できる時期。

天候 晴れ
今歌「Hero」安室奈美恵


やっほー!!!
新年あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いいたします!!!

大晦日は、毎年恒例の深中男子バスケ部で年越し。
中学時代から一緒に年越しをしているので、15年くらい一緒に年越してる笑

中学時代は、バスケ部も学校もめっちゃ楽しすぎて、勉強まったくできないのに学校いくの毎日めっちゃ楽しみだった笑
バスケ部で部活も学校も遊びも常にいっしょにいて、まじ人生でこれ超えるものないだろうと思ってたけど、今も間違いなく『今』が一番楽しいと言い切れるので、たぶん楽しむスタンスがその時から変わってないのかもな!笑

今年もきっとそれは変わらない!笑
そんなこんなで、遂に2018年突入しました!
しごともはじまりはじまり。

しごとでいえば、2018年1、2月は、去年の流れを踏襲した企画が多いです。
言うなれば、『自分≒大山』みたいな。
そこを超えてアップデートした形は、5月頃から見えるカタチとして動き始めるかなー。

いままでは、傍からみたら全く見えないところに力を入れていたので、どういう想いで動いているのかをブログを通して伝えるのはとても大事なことでした。

今年は、それが分かりやすい見え方で、少しずつカタチになって動いていく年なので、そこを動かすための行動にもっともっともっと力を入れていきます。去年の後半、ブログ量が圧倒的に少なくなっていたのも、そのため。

やっぱり単なる文字やテキストや言葉で伝えるのはへたくそなので、言葉や思いを体現した行動と、そのあとに出てくる言葉で、しっかり示していきたいと思います!

そして実は、2018年1月2月は比較的東京にいることが多いです。
1月はほとんど東京です。香川仁尾と広島福山にもイベントでおじゃまします。
なぜそういう動き方にしているのかを説明しておこうとおもいます!
久しぶりにブログっぽい笑





自分が、一番力を発揮できる場所と、できる時期。



自分がいちばん力を発揮できる場所。自分がいちばん力を発揮できる時期。
このふたつは、しごとをしていく上で常に意識しておきたいこと。

そもそも大山で力を発揮できたのも、ドンピシャな年齢とタイミングで来たからだ。きっと今もまだ東京にいて、今年から大山へくるみたいな状況だったら、全然違う結果になってたとおもう。

必ずしも、一つの場所でやり続けることが、ベストだとは限らない。
そして、力を発揮するのにベストなタイミングもあるってこと。

■一番力を発揮できる場所


最近よく仕事について、WEBメディアやテレビで紹介されるとき、地域おこし協力隊の成功例や理想のカタチとして、紹介されることが増えてきた。
(関連記事『本気だから、あと800万円もらうより地域に残ることを選んだ男』)

実は、そこには言葉には見えない前置き(前提)がある。
『(地域に残り活動することを選んだ)地域おこし協力隊の成功例』ってなかんじで。

例えば…
大山で地域おこし協力隊で活動していくうちに、大山にはめちゃくちゃ魅力的な食の宝庫だと言うことに気づいたひとがいたとする。だけど、大山でお店を開こうにも、自分が目指している食のカタチはとてもニッチで、興味を持つ人が多くないとできない飲食店だったとする。なので、協力隊を卒業し、その『食』を興味を持つ人が多い場所(大阪やら福岡やら)に食材を持ち込んで、大山以外の場所でお店を開く。そのお店がめっちゃ好評になり、実際に大山に足を運ぶひとがふえる。

地域おこし協力隊を卒業したあとは現地には残っていないが、これもめっちゃ立派な成功例だとおもう。だけど、地域に残らない選択をしただけで、協力隊としては失敗事例へふりわけ。

なにを言いたいかというと…
ひとによって、『同じもの』に魅力を感じたとしても、その『同じもの』を使って、それぞれが力を発揮できる場所は違ったりする。その前提がいちばんだいじだったりする。なぜならそれは、制度の前提じゃなくて、ひとそれぞれが絶対もってる前提だから。

定住しないと失敗みたいに扱われる制度に、疑問を感じて、自分ではじめてみたのが、DAISEN BBQだったりもする。(関連記事『ひととひとを繋ぐことは、ひとと場所を繋ぐこと。』)

その見えない枠を取っ払えれば、もっと自由に、フラットに、場所と場所とを繋げれる。

その一つの選択肢としての場所が、東京なわけで。
1月は『大山の食』を切り口に、様々な場所でしごとをする。



■一番力を発揮できる時期


もう一つは、一番力を発揮できる時期があるってこと。
それはもちろん場所とのかけあわせでうまれてくるもの。

『大山』の観光という例で考えてみると…
実はいまは大山の観光産業は、一年でいちばん盛り上がっている時期だったりする。なぜかというと、大山全体の観光における主要産業はスキー・スノボだから。

いわゆるスキーリゾート。そのためスノーリゾート近く標高800m付近にはところせましと旅館やホテルが立ち並んでる。今の時期は、雪さえふればお客さんがスキーをしにくるので、営業活動をせずとも宿泊客がやってくる。お客さんの主な目的は、スキーだから。

ただ昔ほど客足もおおくないため、ホワイトシーズン(冬)だけの利益では、経営が難しくなってるのが現状。そして実は…大山全体の観光をみると一番の問題となっているのは、ホワイトシーズン(冬)に稼働しまくるからこそ手が回らないグリーンシーズン(春夏秋)の集客なんです。

本来グリーンシーズンの集客タイミングとしては、冬の時期に種まきをするのがベスト。だけど、実際の観光事業者は、いちばんのかきいれ時であるホワイトシーズンに広報や集客にかける時間はありません。それは、一年間地域お越し協力隊として働き、実際に聞いたこと、見てきたことからも明らか。

つまり、大山の観光事業者が従事していて動けない今だからこそ、自分が大山の場所以外で動くことが大事なんです。
いまやっている事業のコンセプトは『大山の魅力を伝える』こと。その一つの手段が、OrangeTripやOrangeBox。

ただ自分が伝えることを通して、すべて自分のしごとに繋げようとは一切おもってなくて、自分のところにくるとか関係なく、すこしでも大山全体に足を運ぶ人がふえれば、オールオッケー!

ちなみにsunsuntoの観光事業は、ホワイトシーズンはお休み。(※スノーシューツアーは2月から開催します。)だからこそ、自分の事業にとっても、大山以外で動くべきタイミングなんです。

小さな個人(自分)というミクロ視点と、大きな大山というマクロ視点を掛け合わせると、どんな場所でいつ力を発揮するべきかが見えてくる。

自分が一番力を発揮できる場所と、できる時期を考えていれば、『場所』に捉われずに考えられる。
『大山』という場所を好きだからこそ、『大山』という場所にこだわらなくてもいい。
この考え方をもとにガンガン形にしていきます。

そんなこんなな理由で、
一月は『大山』を武器に、それ以外の場所で力を発揮してきます!!


拠点があるからこそ、フローな動きもストックに変わる。



ちなみに大山という『拠点』があるからこそ、すべての動きが意味あるものに変わっていくと思っています。例えば、ふつう旅行は一期一会だったり、その場その場で流れる関係性を楽しむものだったりします。いわゆるフローな関係性。

だけど、『大山』という拠点があるだけで、ひとこと言えることばが増えます。
「こんど大山あそびにおいでよー」って!

本来そこで終わりになるはずの関係性が、ほんとに続くかどうかは別にして続く可能性をもたらす。つまり、動きが『大山』という場所に還元・ストックされていくんです。

これは『拠点』をもって活動しているほかのひとや団体にも言えることです。
その『拠点』は、自分を縛り付ける足かせではなくて、広がりをもたらしてくれる可能性だとおもう。だから、こうして『大山』を武器にして、さまざまな場所でしごとすることができている。羽みたいなもんだね!!


1月は、そんな様々な『拠点』で活動しているひとのもとで、『大山』のイベントを開きます。実際に『大山の食』を、お世話になってるひとの『拠点』に持ち込んじゃう!自分の場所に「きてきてー」という前に、こっちから行っちゃう感じ!
その名も『ARUKU DAISEN TOUR』です。



千葉我孫子での、開催はおかげさまでたくさんのひとにきてもらって、めっちゃ楽しかったです!

日本一ハードルの低いレコード屋block@東京根津
(関連イベントページ『DAISEN PARTY feat日本一敷居のひくいレコード屋block

コミュニティハウスumbrella@広島県福山
(関連イベント『Daisen party!~Hiroshima Fukuyama umbrella~

松賀屋(シェアビレッジ仁尾)@香川県仁尾

と1月は、さまざまな場所で開催させていただくので、お近くの方はぜひ足を運んでみてくださいねー!

『拠点』があるからこそ、ひろがる可能性。



で、一月どんな動きしてるんだっけ?



ということでイベント系が多いのですが、一月のイベント紹介します。
まず一つ目は『旅するNIGHT』。大学時代いちばん時間をともにした大樹が開いたお店である『旅する酒場サカタビ』とのコラボ企画です。池袋西口から徒歩五分。

上記で紹介した『ARUKU DAISEN TOUR』には、これからは競争じゃなくて、一緒に歩く時代っておもいをこめてて。だからこそ、『ARUKU DAISEN TOUR』で訪れた各地域のプレイヤーおすすめ地元名産をオリジナルカクテルにして『サカタビ』で提供しちゃおうと思いつきました。そして勝手に、ともだちが頑張ってる『拠点』のPRもしちゃうイベントです(笑)

『旅する酒場サカタビ』は、何かが始まるワクワク感をテーマにした酒場。サカタビを通して何かのキッカケ(種)を与えたいと考えネーミングされたオリジナルカクテル『Seed Drink』。そんなサカタビの象徴『Seed Drink』にも、今回の企画はバッチリはまりました。

『旅するNIGHT』の全体概要はこちら!じゃーん
平日三日間限定なので、仕事終わりにぜひふらっとどうぞ!期間中は毎日ぼくもいます。



来週からは、第一弾の『DAISEN NIGHT』がはじまります。一週目は大山で始めます!
今回のオリジナルカクテルは、鳥取県民なら知らぬ人はいない『白バラ牛乳』を使った『Seed Drink』!ぜったい濃厚でうまいよーお楽しみに!(イベントページは明日公開)
ちなみにそれぞれの地域にゆかりあるメンバーもふらっとバーに一緒に立っちゃいます。
じゃん!



ふたりとも学生だけど、基本的に年は関係ないと思ってるから、混ざって一緒にバーに立ちます!笑
今回も話したら、一瞬でのってくれてありがとう!笑

自分の好きな場所も紹介できて、そこに紐づく人もやってきたりして、それが何かのキッカケになるなんて最高じゃないですか!
そんなキッカケを与える場をつくるのが『サカタビ』です。

1月『旅するNIGHT』開催日は必ずいますので、ぜひお気軽にきてくださーい!


その他、1月に参加するイベント紹介!

①【Blockパーティーvol1 長野ゆかり飲み クラウドファンディング伝道師がやってくる】


日時:1月12日(金)20:00〜23:00
場所:block@根津
■READYFOR(株) Readyfor キュレーターマネージャー夏川さんと一緒にゲストトーク!
長野にゆかりないし、クラウドファンディング使ってもいないけど、ゲストとして呼ばれたので、しゃべくります!


②【住む×働く×鳥取県in東京】


日程:1月14日(日) 11:30~12:45
場所:東京交通会館12階 カトレアサロンA
■IT系のしごとをしている人たちと一緒にゲストトーク
IT人材でもないし、都会でのIT経験ないけど、ゲストとして呼ばれたので、しゃべくります!むしろIT人材よりも、「やりたいこと」ある上でのツールとしてのITの方が大事なので、しごとを絡めてそれしゃべくります!(それしかしゃべれない笑、けどそれいちばんだいじ)



③鳥取城北高校 総合学習でしゃべくり
日程:1月19日(金) 14:25〜15:15
場所:鳥取城北高校の体育館
■総合学習の一コマ。テーマ『新しい時代の働き方』。奇跡的に移動日で大山に帰ってくる日だった。スケジュールドンピシャ!リッキーからのお願い!速攻調整!
新しい時代がきてるのか、新しい働き方なのかは分からないけど、ゲストとして呼ばれたので、しゃべくります!高校生150人位いるらしいーたのしみ!


以上、上記のスケジュール以外の日は、移動日&打ち合わせやらなんやらです笑
1月のしごとは、9~11月頃に、考えて動いて考えて動いて決めてきたしごとばかり。

仕事によって、この感覚は違うけど、自分のしごとの作り方の時間感覚も肌にしみついてきた。いま目の前にある仕事も楽しみつつ、その先(大体2~3ヵ月後)の仕事を決めていくイメージがいちばん近い!

なんかホントに肌感覚からじぶんの仕事ってかんじになってきた!!
今年はもっともっと加速していくぞー!!


『場所』にこだわらず、しごとできるホントの理由。



今回のスケジュールを振り返ってみておもうことがあります。
よくよく見ると、1月は『大山』で実施するイベントは一回もないんです。だけど、ゲストとして呼んでもらったり、コラボさせてもらうイベントは『大山』のものばかり。

つまり正真正銘『大山』を極めることは、可能性を広げることといっしょ!
そしてその『大山』を極める上での土台ができた2017年。
その土台でいちばん大事なものは、想いや共感を共有できるチーム。

そういったチームがあるからこそ、こんなにもいろんな動き方ができる。
東京でも新しいチームをつくり、いま動いているプロジェクトもあります。大山では、今年の4月からはOrangeTrip/OrangeBoxを一緒に運営してくれるメンバーも増えます。

そんな愉快な仲間がいるからこそ、『場所』に捉われず、さまざまなとことで仕事をする準備ができています。そして『場所』に拘らず、やることに意味があるのは、拠点である『大山』があるからこそ。

やっと去年0が1になった。
今年は、その1を10にも100にも1000にも広げていく年です。

どこまで広がるかは、2018年終わってのお楽しみだなー!!
自分がいちばんたのしみ!笑
転んでも気づかないくらいのスピードで走り抜けます!

相変わらずぬけまっくってるので、ご迷惑あんどご心配かけると思いますが、ぜひともいっしょに走りましょう!!
それでは、今年も一年駆け抜けていきましょー!!


大山に関するイベント(直近)



■DAISEN PARTY feat 日本一ハードルの低いレコード屋block
日程:1月13日(土) 19:00 - 22:00
イベントページ詳細は下記画像をクリック!