2020年4月1日水曜日

【鳥取大山暮らし】鳥取大山神田で四年間暮らした家からお引越し。


天候 雨
今歌 「ニューライフが待ってる」金子駿平

やっほー!


突然ですが2020年3月31日、鳥取県大山町、神田展望台の目と鼻の先にあるお家から引越しました。引っ越し後は、さらにちょっと山側。同じく大山エリアです。

本当に楽しい思い出たくさん、大好きな場所でしたが、建物の老朽化から解体することになり、引越しすることに。

気付けば、この家で暮らし始めてから四年も月日が流れていました。感慨深い。初めて一人暮らしをした場所でもあります。(と言っても、代わる代わる滞在者がいたので、本格的な一人暮らしをしたのは最初の半年くらいだったな笑)
そんな四年間暮らした場所での記録を、最後に残しておこうと思います。



旅立った家に出会ったきっかけ。



今年の四月一日で六年目に突入する鳥取大山の暮らし。

そんな一年目。東京から鳥取にきて、最初の一年間は、お城付きシェアハウスのまど間にお世話になりました。

(関連記事「3月31日 鳥取県大山町生活スタート!!!! 」)

(関連記事「グッバイのまど間 」)


当時「のまど間」は、常に地域のいろんな方の出入りがあり、そこに暮らしているだけで、知り合うキッカケや、仲を深めるキッカケをくれる場所でした。


「田舎暮らし入門」がコンセプトのシェアハウスで、鳥取大山町に移住を考えてる方、田舎暮らしに自分がフィットするかを確かめたい方には、とてもおすすめできる場所です。

(関連記事「【地方への移住】『家探し』をやめよう。地方で、理想の暮らし方をするなら『段階的移住』がおすすめ。  」)


ただ、もちろんその場にいるだけでは、限界があるので、自分から動いていくことも大事なこと。そんな行動の中で知り合ったのが平澤牧場の平澤さんでした。


初対面からウルトラパワフルで、笑い方が魔女みたく、一度会ったら絶対に忘れないインパクトでした。


サービス精神も人一倍ある方で、平澤牧場に足を運ぶといつも美味しいご飯をふるまってくれました。


ちなみに当時は安見さんという方が平澤牧場でラーメン屋をしており、平澤さんと安見さんの掛け合いは台本がないナチュラルな漫才を見ているようで、今思い出しても笑ってしまいます。


そんなのまど間での暮らしをしながら、お仕事をする中、自分の考えで任期三年の協力隊を一年で卒業することになりました。

(関連記事「【卒業】鳥取県大山町地域起こし協力隊を卒業します。 」)


それにともなって、住める家や自分の事業で使えるような家を探しているという話をした時に、持ち家の賃貸を快く紹介してくれたのが平澤さんでした。


家の広さはというと…
4LDKでコテージ1LDK付(8畳)。部屋は6畳部屋×3、8畳部屋×1、コテージ8畳部屋×1。


コテージは途中で解体しましたが、この家があったからこそ、鳥取大山に遊びに来た友達を、何も気にせず滞在させてあげることができたなと思ってます。

本当に平澤さんには感謝です。改めてありがとうございました。





最後に。


本当に楽しい時間をすごせました。


県外から遊びに来るみんなの一年に一度か二度しかない旅行の思い出を毎回一緒に過ごせることは、とてもはっぴーな時間でした。


そして、この家があったからこそ、遊びに来てくれた友達と、鳥取や大山の愉快なメンバーが友達になれるきっかけつくれたなーと。この家に暮らして、友達同士が仲良くなるのが一番うれしいことだったな。


遊びに来る人にとっては、旅行して友達が増える場所が鳥取大山だったのかも。


ちなみに、一番お気に入りの場所は、飲み会中でも眠くなったらすぐ寝れるリビング横のベット。お酒飲んだらすぐ眠くなるから、みんなの飲み会中の賑やかな声をGMにして寝るのが最高でした笑


…ということで、最後は、この家で過ごしたみんなとの写真をバババババっと載せて締めたいと思います!(写真ひろいきれなかったので一部)







以上!楽しい時間をありがとうございました!



紹介したいこと・もの
鳥取のプロ、まさし

観光プロデューサーまーしーが、鳥取の魅力をゆるく発信するYouTubeチャンネル。詳細は下記画像をクリック!

■OrangeBox
新鮮な大山の旬野菜をお送りしますー。大根や白菜など鍋に合う食材がいまはいい感じ。ブロッコリーも旬!詳細は下記画像をクリック!

■ハレアメ

第一次産業はポップカルチャーを標語に掲げたローカルカルチャー誌。
詳細は下記画像をクリック!







■トマシバ

鳥取県大山の麓。名峰大山と日本海のあいだ標高300mに広がる広大な芝畑で、一日一組限定のグランピング。暮らしに触れる様々なアクティビティもご用意。滞在される方ひとり一人に合った旅行コースの相談ものってます。予約開始。

トマシバ詳細は画像をクリック。




2020年3月17日火曜日

【音の日記】音声配信を、六十日間続けたことによる自分の変化。

天候 晴れ
今歌「Parallel New Days」ぜったくん


やっほー!!!
久しぶりすぎるブログ記事での投稿。


いつぶりかな?と見たら、なんと新年入ってから書いてなかった(笑)
びっくりだ!ということで、新年度に入るタイミングあたりで、新年一発目の投稿です。
実は、今年になって、「書く」以外の新しい発信手段をいろいろ試してみたりしてる。


本日は、そのことを自分なりにまとめてみようかな。本日は音声配信について。




Anchor」で、音声配信を始めてみた。



はじめたことの一つは、音声配信。
聞きなれない人もいると思いますが…、『Anchor』とはポッドキャスト配信アプリ。
このアプリを通してかなりお手軽に、いわゆる自分のラジオ番組を持つことができる。




レコーディングは、スマホのマイクに話しかけるだけ。BGMの種類は非常に豊富。
あとは説明を簡単に記載すれば、もうこれで配信できるんです。(…っ簡単!!)
かなりお手軽すぎるので、少しでも興味あれば、はじめてみるのも良いと思います。



ちなみにSpotifyとも連携しているので、お気に入りの歌い手の楽曲なんかもつけちゃうことできます。
僕の場合は、このブログと同じく『今歌』という聞いてほしい歌をエンディングで紹介しています。曲の紹介で毎回終われるのが非常に最高です。



ちなみに余談ですが…
最近、『Anchor』を使って音声配信をはじめてる人が増えてるのだけど、最初にどこに注目して聴いちゃうかというと、実は最初に紹介した豊富な種類から選べるBGMの音楽。
BGMであろうと、『音楽』には人の感覚ってけっこう現れるからこそ、みんなが自分の言葉を乗せる時に選んだ音は気になっちゃう。ラジオの世界観も多少なりとも現れるしな。



はなしは戻し、
そんな自分自身は、この『Anchor』を通して音声配信はじめてから、今日でなんと六十日…びっくり!せっかくせっかく六十日も続いてるという事なので、音声配信を続けたことによる自分の変化も、ちょっぴし書いておこうかなと思います。




音声配信を、六十日間続けたことによる自分の変化。



一番大きな変化は、日々の出来事だったりの吸収率が高くなったこと。
今まで流していたことでも、アウトプット(話す場所)が毎日あることによって、ひとつひとつの経験をより自分に引き寄せて考えるように体感するようになっています。



そういう意味でも「発散」の場を作ることによって、自分の中で情報や体験の「集束」も自然とおきてくるんだなと改めて。



実は似たようなことは、書く場合でもあったなとふと思い出しました。実はいま使っている手帳は、一日一ページ書けるもので、その書くスペースがあるからこそ、その日に気になったことを「発散」できたり。



その日に思い浮かべば、どんなジャンルでもホントに全く関係ないこと書いてます。気になったことだったり、絵だったり。例えば最近は、「うれしなみだ」って一見矛盾してそうなことがなんで共存してるんだろう?ってことだったり。
(関連記事『【大人の自由研究】ベスト三選〜大事なことは『ほぼ日手帳』が教えてくれる。〜』)





まぁ言いたいことは、そうやって『発散』の場をつくることが、日々の出来事をより深く、より彩ってくれるキッカケになるのかもと言うことでした。



毎日続けるからこそ、自分の変化が分かる。




最後に。毎日続けることによる、もう一つの良かったこと。
それは毎日続けることにより、自分の変化の変遷がより分かりやすくなるということ。他と比べずに、自分の変化に目を向けられるということです。



他に目線が向いてしまうと、自分の「変化」に鈍感になってしまう気がします。
実際、バックボーンが違う誰かと比べても、実質的な『自分の変化』は分かりにくいし、はじめた時期や経験に差があればあるほど、他人と比べての『焦り』や『羨望』も生まれやすくなってしまうのかなと思います。



毎日続けることにより、最初の目線を「自分」に持ってきやすくできる。
自分がどう変化しているのかを、自分で気付けるのがとても大事なことだと思います。



そういう意味で、この音声配信(音の日記)も引き続き、続けていきます。ただひとまずは、100日間が一区切りかなと思ってるので、そこでの自分の変化を踏まえて、続けるか、やめるか、違うカタチにするか決めたいなと思ってます。



久しぶりに、書いてみるのも、話すのとは全然違うあたまを使ってる感じで良いね。
これからは週一くらいのペースで、ブログも書けたらなと思ってます。
それでは、また「音」か「文字」か「映像(実はYouTubeもはじめたのだけど、そのはなしはまた今度)」かリアルでお会いしましょう!




紹介したいこと・もの




TOTTORI DAISEN WORLD

鳥取であった日々のことや思ったことを話してる音声配信。音の日記。

詳細は下記画像をクリック!






鳥取のプロ、まさし

観光プロデューサーまーしーが、鳥取の魅力をゆるく発信するYouTubeチャンネル。


詳細は下記画像をクリック!









■OrangeBox


新鮮な大山の旬野菜をお送りしますー。大根や白菜など鍋に合う食材がいまはいい感じ。ブロッコリーも旬!

詳細は下記画像をクリック!


■ハレアメ

第一次産業はポップカルチャーを標語に掲げたローカルカルチャー誌。
詳細は下記画像をクリック!





■トマシバ

鳥取県大山の麓。名峰大山と日本海のあいだ標高300mに広がる広大な芝畑で、一日一組限定のグランピング。暮らしに触れる様々なアクティビティもご用意。滞在される方ひとり一人に合った旅行コースの相談ものってます。今シーズンは終了、来シーズンは4月1日からスタートです。

トマシバ詳細は画像をクリック。








2019年12月21日土曜日

【リノベのわ in なわほ】面白そうだから、左官ワークショップで漆喰塗りに参加してみた。

天候 曇り
今歌「週刊少年ゾンビ」サイダーガール



やっほー!
ちょっと前の話になりますが、12月15日(日)は、鳥取県大山町名和地区にある『なわほ』(旧名和保育所)の左官ワークショップに参加してきました。



ちなみに、ここ『なわほ』では、他にもさまざまなイベントも定期的に実施してまして、『溶ける教育』というイベントに参加させてもらったり、『ハレアメ第四号発刊記念イベント~なしのはなしと、なし料理を食べる~』を開催させてもらったりしました。
(関連記事『【キミワク~教育と共育~】行政発と民間発、自己中に行こうぜの巻。』)
(関連記事『【ハレアメ】梨農家のことを知ってほしいから、イベントを開いてみた。』)




そんな中、ここ『なわほ』を、地域の人がさらに気軽に集える場所にしようと、地域自主組織「なわのわ」が中心となり、今年からはじまったのが『食』を絡めたリノベーションプロジェクトです。



「なわほ」の一室を、『食』を基点に町内外の人がゆるりと集まれる『コミュニティキッチン』にするプロジェクト。今回のイベントは、その一環のリノベーションワークショップでした。



それでは簡単にイベントを振り返っていきます~








左官ワークショップ~壁の表情をつくろう~




今回のワークショップは、一年を通じて、実施するワークショップ。そのあいだに色んな人に関わってもらい、その場を少しでも自分ごととして感じてもらう機会を増やしています。



そんな今回のワークショップの講師は、島根県津和野町でレストラン「糧」を運営する大江 健太さんことけんけんさん。今回の企画の中心となって動いているジャミーとの繋がりで、足を運んでくれています。(せっかくなので、けんけんさんの紹介文を挿し込もう。)


大江 健太(おおえ・けんた)
1986年生まれ、千葉県出身。東日本大震災を機に地域にコミュニティデザインが必要だと感じ、千葉県富津市金谷にて廃ホテルを通したまちづくりの活動に携わる。

その後、「まちづくりの活動」だけで生きて行くことが厳しいと感じ、2016年8月に心機一転島根県江津に移住、空間デザイン事務所のチームに加わる。 
2017年初夏大病を患い2ヶ月ほど寝たきりとなるが自然療法、食事療法で治療をし、こうした知恵を学べる学び舎をつくることを決意し、自然あふれる津和野で「食べることが自分をつくる」をテーマに「糧」を開業。 

現在、津和野町の空き家バンクの行政サービスをアップデートすべく新たな企画を考案中。多居住、サテライトオフィス、ワーキングステイなどを通して町を面白くしていきたい。


そんなけんけんさんと一緒に、左官ワークショップはじめ!
当日は午前の部に参加したのだけど、参加者はこどもも含め全部で六名。
まずはみんなでラジオ体操をするところからスタートしました。(久しぶり!)





ラジオ体操後、レクチャーを受け、漆喰を作ってもらい、漆喰ぬりスタート。
(けんけんさんが手にしてるのが、漆喰をつくるための混ぜる道具)






ちなみに漆喰塗りに使うヘラは、養生テープを張り付けておくことで、使用後はがして、次回も綺麗に使えるようになっています。(なるほど…)






漆喰塗り作業へ。まずは下からひたすら塗っていきます。






あまり使わない筋肉を使うので、けっこう右腕がぷるぷるします(笑)






下半面を塗れてきたら、次は脚立を言って上のステージへ。






二時間塗り続け、なんとか漆喰塗りやりとげました。(じゃーーん!)
あまり経験ないけど、意外に綺麗にぬれました!






シゴト場カケルのリノベーションをキクちゃんとしていた時も感じたのだけど、不器用な自分でも、やり方を教えてもらったら、あとは慣れの問題で、慣れたら最低限のことは意外にできるから、おもろいな~
(関連記事『【トマシバ拠点始まりの合図】面白そうだから、みんなでリノベーションしてみた。』2018年12月7日金曜日)



今回も教えてもらって、作業しながら、あとはみんなと話しながらできたので、それも良かったな~。おもろい機会をありがとうございました。



ちなみに、午後からの作業も無事に進んだみたい。おつかれさまんさたばさ!






「伝える」が「伝わる」に変わるタイミング。




今回、なわのわで作ろうと試みてる『コミュニティキッチン』。ひとことで『コミュニティキッチン』と言っても、最初に話した段階では、なかなかすぐに、周りの人や、地域の人にも理解してもらうのは大変だっただろうなぁ。



だからこそジャミーは、その『コミュニティキッチン』という場を、ただ施工主にお願いして、ただ作るのではなくて、こうして一年という長い期間をかけて、いろんなひとが実際に関わることによって「伝える」を「伝わる」に変えるキッカケを作ってて。



実際にいま『カタチ』になりつつあることで、関わる人がよりイメージすることができていってる気がする。これがしっかりカタチになって、そこを実際に使うひとが増えていけば、さらに連鎖して伝わっていくだろうな。



しっかり相手に『伝わる』ためには、橋渡しするものが必要で、その橋渡しするものが伝える段階では、無いときもあったりするんだよね。今回みたいに、『伝わる』ために橋渡しするものが、時間差で出来てくる場合もある。



だからこそ、そういう意味でもコツコツやっていくのが大事で、そのコツコツ時間をかけて作ったものが、時間差で『伝わる』ための橋渡しになったりするんよね。
うんうん、コツコツやってこ。コツコツコツ!!



ということで、なわのわリノベーションプロジェクトの記事はここまで。
確か三月にコミュニティキッチンは完成らしいので、それまでにまたDIYイベントとかやると思います。その際はぜひ参加してみてくださいね~。






紹介したいこと・もの






ケンケンさんが運営しているお店。

詳細は下記画像をクリック!







■OrangeBox


新鮮な大山の旬野菜をお送りしますー。大根や白菜など鍋に合う食材がいまはいい感じ。ブロッコリーも旬!

詳細は下記画像をクリック!


■ハレアメ

第一次産業はポップカルチャーを標語に掲げたローカルカルチャー誌。
詳細は下記画像をクリック!





■トマシバ

鳥取県大山の麓。名峰大山と日本海のあいだ標高300mに広がる広大な芝畑で、一日一組限定のグランピング。暮らしに触れる様々なアクティビティもご用意。滞在される方ひとり一人に合った旅行コースの相談ものってます。今シーズンは終了、来シーズンは4月1日からスタートです。

トマシバ詳細は画像をクリック。