2021年12月20日月曜日

【何が起こるか分からない】10万円チャレンジは魔法の呪文、パルプンテのその先に。

天候 晴れ
今歌 「パルプンテの歌」山田孝之



やっほー!!
今日は日記的な忘備録までにブログ記事を書きます。
本日、二カ月間、合同会社sunsuntoでお手伝いをしてくれていた、紅ちゃん&りのりのが鳥取大山を旅立ちました。(2021年11月30日執筆)



いろんな人に関わり、鳥取大山に新鮮な風をふかせてくれた二人に心からありがとう。そんな二人のことについて、せっかくなので振り返りたいなと思います。想いは新鮮で旬なうちに言葉に残しておこう。







求人がキッカケで、縁もゆかりもない鳥取県大山町へ。




そもそも二人が訪れたのは、こちらの求人がキッカケ。
"やってみたいこと支援型"の事業運営サポートメンバーを募集します
上記求人から言葉を引用すると…


sunsuntoが運営する「トマシバ~泊まれる芝畑~(宿泊事業)」「シゴト場カケル(シェアオフィス事業)」等のサポートをしながら大山に2ヶ月間滞在し、自分の「何かしたい」「やってみたい」を実現して頂きます。

そしてsunsunto側からは以下2点を具体的に支援させてください。

①10万円の資金提供

②滞在拠点の無償提供(「わたげ荘」というシェアハウス)


事業運営サポートに対しての報酬は発生しない代わりに、住むところの提供と初日にやってみたいことを実現するために10万円を支給させて頂きます。(引用記事「"やってみたいこと支援型"の事業運営サポートメンバーを募集します」2021年9月6日月曜日

 

 つまり、二カ月間の間で、暮らす場所と資金も提供する中で、自らの興味を自由に形にしてくださいという企画でした。別名『10万円チャレンジ』。



求人を公開して、ほどなく二人から募集がありました。それが、愛知県の大学三年生で「地域での暮らし」に興味を持ち始めたりのりのと、長年勤めてた看護師をやめて地元島根県島根町で活動しはじめたばかりの紅ちゃんでした。



もともと、一人だけの募集でしたが、りのりの紅ちゃんと話したあとに、どういう関わり方であれ、ふたりとも鳥取大山に呼ぼうと決めました。決め手はひと言でいえば、人柄なのですが、それぞれ企画に対しての興味やアプローチが違うところも面白いなと感じていました。だからこそ、ふたり同時に来てもらうのが良いなと。



りのりのについては、決まった後にも、壁が二つありました。①大学の研究室であるゼミをリモートで受けさせてもらえるように交渉すること。②長期で滞在することについて、親御さんにしっかり説明して納得してもらうこと。




特に②については、とても自分と向き合って、まっすぐに親御さんに伝えようとしていました。この段階で相談も受けていましたが、鳥取大山にやってくる前からチャレンジは始まっていましたね。無事親御さんにも理解してもらい、応援してもらい大山へ。※そして滞在中には、なんとタカさん(りのパパ)もわたげ荘に遊びにもきてくれました。



滞在中のふたり、それぞれ自由なスタイルで。



滞在場所は、鳥取大山のシェア別荘兼シェアハウスの「わたげ荘」。それぞれ個室で二カ月鳥取大山の暮らしを体感できるように。そして、合同会社sunsuntoのお手伝いは土日の9:00-15:30のみ。それ以外の時間は自由にすごしてもらえるように。仕事やお出かけなど、時間外でも興味あることであれば、一緒に行動もしていました。
(関連記事「【鳥取大山わたげ荘~祝一年記念~】面白そうだから、シェア別荘一年目の変遷や変化をまとめてみた。」)




りのりのは平日は大学の授業をリモートで受けつつ、紅ちゃんは地元島根町と鳥取大山を行き来するような暮らしのスタイルでした。それぞれ過ごし方が違う中で、自分にあった鳥取大山わたげ荘での暮らしをしていました。



そんな中で、滞在のいちばん最初に手渡したのが、興味を形にするための10万円でした。考えてみると…自分の興味を形にするために10万円をまとめて使う機会ってあまりありません。だからこそ、興味を形にすることはもちろん、10万円を使い切ることも、二人にとってはチャレンジだったと思います。



そんな中、どんな暮らしを具体的にしていたのか。そのあたりの滞在中のことについては、つぶやきを引用しておきます。













本当に二か月の一部ですが、かなり濃い時間を過ごしていたのだなと、つぶやきをちょっと振り返るだけでも思います。どんどん自ら動いていく二人だからこそ、どんどん一つの体験を自分の興味に引き付けて広げていった印象を持っています、すごい。


 

『10万円チャレンジ』成果発表会、いつものお金と何かが違う。



今回、滞在が終わるタイミングに合わせて、『10万円チャレンジ』の成果報告発表会の場を設けました。超詳細が気になる方は、ぜひオンラインでの発表や、本企画についての二人の振り返り記事もご覧になってください。



(関連サイト「オンライン発表会(りのりの発表03:04~14:35 / 紅ちゃん発表 39:34~1:01:00)」、りのりの関連記事「ありがとう、大山。」、紅ちゃん関連記事「【大山で過ごした、2ヶ月】」)



発表の時に印象だったのが、自由に使っていいはずの『10万円』を使うことに心理的ハードルがあったことでした。それはきっと、今まで二人が経験したことがない、お金の使い方だったからなのかなと思います。



今回二人に渡した『10万円』は、普段のお金とは異なる方向を向いたお金でした。



どういうことか。例えば、会社の中で予算をもらって、運用していくお金は、何かしら会社につながるような方向を向いています。例えば、会社や個人で仕事の対価として自分がもらったお金は、自分の好きなことに使うこともあれば、ためることもあると思いますが、自分の興味にすべてを使い切るという方向に向いてはいません。



そういった意味で今回の『10万円』は、自分の「興味」を何にも遮られることなく使えるお金でした。自分の『興味』や『やってみたいこと』に方向が向ききってるお金



だからこそ、難しかったのかなと思います。ただ、例えば自分で何か事業をはじめるときや、自分で何かを形にし始めるときには、今回のお金との向き合い方が活かしていけるんじゃないかなと思います。


10万円チャレンジは魔法の呪文、パルプンテ。



りのりの、紅ちゃんとも最終的にしっかり向き合い、それぞれの興味から『10万円』を別の形に変えてくれました。今回は『10万円』を使い切れたパターン、使い切れなかったパターンと両方ありましたが、これに失敗自体ありません。



どんな結果でも、そこに行き着いたその人なりの説明や解釈があれば、それは成功です。
そういったときに、お金を出してる側にとってのメリットはあるの?そういう声が聞こえてくるかもしれないので、ひとこと。



「あります。」



なぜなら、僕らが期待していたのはパルプンテだからです。
何が起こっても、どう転んでも、パルプンテの結果を見ること自体が一つの成果。



そして、そのパルプンテを起こした張本人にとっては、パルプンテまでの説明や解釈がそこにあれば、自分にとって実のある経験になっている。そう考えると、お互いにとって◎な仕組みが『10万円チャレンジ』だったのです。



今回は初めての取り組みでしたが、
二人とも本当に楽しいパルプンテを唱えてくれてありがとう。




りのりのは、パルプンテを唱えた結果、「わたげ荘図鑑」を生み出し。
(関連記事『【わたげ荘図鑑】はじめに。』『【わたげ荘図鑑Vol.1 いーおーさん】』)



紅ちゃんは、パルプンテを唱えた結果、「島根町×大山町ビーチクリーンイベント」を生み出しました。
(関連サイト『Let's enjoy ビーチクリーン』日本財団 海と日本PROJECT)



ナイス、パルプンテ!!!!!!!




ちなみにこの『10万円チャレンジ』は、今後も定期的に続けていこうと思っています。10人、100人と…。そういう意味で紅ちゃん&りのりのはトップバッター。今後、後輩が現れた時には、パルプンテを唱える前の心構えなどをぜひ教えてあげてね。




それでは、最後に改めて…
りのりの&紅ちゃん二カ月間、本当にありがとう。
鳥取大山にゆかりもない中、自分が暮らしてきた場所と違う環境で暮らすことは思っている以上に大変なこと。だけど、二人ともそんな環境自体を楽しんでて、ほんとにこちらも一緒にその時間を楽しませてもらいました。



それでは、また近いうちにー!!!
最高のパルプンテをありがとう!!!
これからも自分も周りも、
びっくり楽しくなっちゃうようなパルプンテおこしてこー!!!!





※パルプンテとは…
パルプンテとは、「何が起こるかわからない」という意味です。人気ゲーム、『ドラゴンクエスト』に出てくる呪文のひとつです。戦闘中に使うことができるものの、何が起こるか分からないギャンブル性の高い呪文として知られています。

HP回復やMP回復といった地味な効果をはじめ、何も起こらなかったりもする。流星で敵味方全員のHPが1になったり、【山のように大きな魔人】が現れたり、力がみなぎる(味方全員の通常攻撃が必ず会心になる)等が有名。




紹介したいもの



■シゴト場カケル

鳥取大山で運営しているシェアオフィス。写真、デザイン、動画制作、イベント企画立案、クラウドファンディンまで、各ジャンルに特化してるメンバーでチームを組んで対応します。なにかご相談あればお気軽に下記からどうぞ~!



■トマシバ

今シーズンは終了。来シーズンは、2022年4月1日~

鳥取県大山の麓。名峰大山と日本海のあいだ標高300mに広がる広大な芝畑で、一日一組限定のグランピング。暮らしに触れる様々なアクティビティもご用意。滞在される方ひとり一人に合った旅行コースの相談ものってます。(トマシバ詳細は画像をクリックしてね。)




■鳥取のプロ、まさし


観光プロデューサーまーしーが、鳥取の魅力をゆるく発信するYouTubeチャンネル。(
詳細は下記画像をクリック!)








2021年11月11日木曜日

【ジェダイからマエストロへ】面白そうだから、鳥取城北高校で、日本の中心のことを話してきた。

天候 曇りのち雨
今歌 「」mol-74



やっほー!!!!
鳥取県大山は冬らしい気候にちょいちょい近づいてきましたよ~。
そんな中、先日は鳥取県にある私立鳥取城北高校の、総合の授業へ参戦してきました。
実は、高校に限らず、小学校、中学校含め総合の授業などでお呼ばれすることが多いのです。



例えば、小学校の授業で「大山」のお話しをしたり…(小学生とほぼともだち状態笑)



ある年には、鳥取城北高校からジェダイとして呼ばれたり…(最初の「どうもジェダイです」だけウケました笑)






そんな鳥取城北高校とは、何かしらで毎年関わらせてもらっています。去年は、総合の授業という枠を飛び出し、城北高校一年生の鳥取大山の遠足コースを全体的にプロデュースさせてもらいました。






そして今回は、高校二年生「総合的な探求の時間」で実施される、『TOTTORI MAESTRO PROJECT』のゲストとして呼んでもらいました。今回は、その様子を振り返りたいと思います。





 志学コース2年「総合的な探求の時間」TOTTORI MAESTRO PROJECTとは…



「総合的な探求の時間」TOTTORI MAESTRO PROJECTの概要&目的は、下記の通り。



鳥取城北高校の志学コース生徒の多くは、県内や県外の大学に進学します。その時に、鳥取県外の人々に必ず聞かれることがあります。「鳥取ってどんなところなの?」。この時に、多くの鳥取県民は、内心思っていなくてもこう答えてしまう。「鳥取には何もないよ。」。自分の故郷をPRする絶好のチャンスであるのに何とももったいないことか。鳥取にせっかく関わったからには、自信を持って語れる「地域教養」を身につけてほしい


本「鳥取マエストロプロジェクト」においては、鳥取を「歴史」「食」「経済」「街」「農」「砂丘」「大山」「宇宙」の8つの要素に因数分解して、各セクションのマエストロ(巨匠、専門家)にその道の最高の教養を身につけさせていただく。事前学習⇒レクチャー⇒質疑応答⇒まとめ作業というプロセスを回していく中で、「探求学習をする際のセンス」「専門家に対するリスペクト」「鳥取で育ったというプライド」を育んでいきたい。



ここまで見てお分かりいただけるでしょうか。
そう今回は、マエストロとして鳥取城北高校に参上したのでした。
銀河系の自由と正義の守護者ジェダイとして呼ばれてから数年、今回はマエストロとして戻ってまいりました。
(関連記事「【経験と試行錯誤】『高校生』と『おとな』のちがい。」2018年1月26日(金))



……どうも、マエストロまさしです。
まさしつけるだけで小物感がすごいですが、頑張っておしゃべりしてきました。



ちなみに第一回目は、鳥取県産業未来創造課のひょーちゃんこと、兵江さん。
鳥取の概論と国家公務員や県庁、市役所のお仕事の違い、鳥取で起業するチャンスをトーク。





第二回目は、鳥取県産業未来創造課の課長補佐である高橋泰志さん。
鳥取の「経済」をテーマに、意外と高校生は知らない鳥取の大きな企業の話や衝撃データの数々を交えてトーク。






そして、高橋さんからのバトンを受け継ぎ、第三回目マエストロまさしの出番です。






「…まじかよ、Tシャツじゃん…」とざわざわさせ、掴みはバッチリ?!
それでは、マエストロまさしのお話をちらっと振り返ります。



今回のテーマ『鳥取大山は「日本の中心」、フュージョンにより色違いが生まれる場所。』




タイトル謎ですね。毎回タイトルについては、その年代がすっとに入り込めるポップ「ワード」に書き換えます。
今回はドラゴンボールとポケモンから持ってこさせてもらいました。



今回のテーマについて、簡単に話したことをまとめると…
まずは直観でしか感じ取れなかったやばい鳥取大山のことを紹介。自らが鳥取大山に感じたやばい直観ストーリーと、その直感を形にした景色の画像や大山を表すためのイラストを用いて、言葉ではない部分でやばい大山を感じてもらいました。










その後、その直感の証拠となるようなデータと具体例を用いて、直観を客観的に裏付けをしていくような構成で進めます。









そして、鳥取大山の特殊な地理的環境を説明した上で…






だからこそ、大山は南限や北限の植物や生き物がいること、生物の遺伝子的分化エリアであること。遺伝子的分化エリアなので、北と南の猛者たちがギリギリ集う交流拠点になること。その環境も相まって、陸地でありながら固有種や新種(色違い)が生まれやすい場であること。このあたりを最近の事例を交えながら紹介しました。



例えば、ニホンジカやニホンザル等のミトコンドリアDNAの東日本タイプと西日本タイプの生物の遺伝子的分化エリアであること。アカハライモリやカジカカエル等の外部形態(色味が変わる等)の地理的分化の境界であることなども紹介。そんな境界まで辿り着けちゃう生き物たちは、猛者っぽいですよね。




特殊な環境だからこそ、現れる固有種。






そんな特殊な環境だからこそ現れる固有種の実例も紹介しました。






今回、最近見つかった新種(固有種)として、「ホタル」のお話をしました。なぜなら、「ホタル」は、鳥取大山の海から山まで0-1709mのコンパクトな立地を分かりやすく表現してくれる生き物としてぴったりだからです。



余談ですが、ホタルの見頃をみると鳥取大山の立地の特殊さが分かります。例えば、全国各地、ホタルが生息するエリアにおいて、ホタルの見頃は長くても二週間ほどです。しかし、鳥取大山の場合は、海から山まで標高を変え生息域がずれていくので、なんと約二か月もの間見頃があるのです。ひとつのエリアでこれだけ長くホタルを楽しめるエリアは、全国でも鳥取大山だけです。



そして、それを可能にしている鳥取大山の固有種こそ、鳥取大山の山頂に暮らすホタルなのです。…そんな固有種のホタルが新種として認定されたのは、実はつい最近のことなのです。



遡ること…2014年に山頂付近で1000-2000匹の「ホタル」が大量に発見されました。大山頂上部は風が強く、且つ積雪の多い厳寒な環境にもかかわらず、なぜ山頂部に大量に生息しているのか。その謎を追求するために、山頂で見つかった「ホタル」の独自調査がはじまりました。
(関連記事「鳥取県が大山山頂ヒメボタル調査へ」2014/7/26 産経新聞)



そして、2016年、DNA調査の結果、山頂に生息するホタルが新種の固有種として認定されました。これまで確認されたホタルの生息地のうち、標高の高い地域としては、富士山5合目(標高約1500m)、伊吹山9合目(標高約1400m)、志賀高原(標高約1200m)などが知られていましたが、標高1700mに大量にホタルが発生する例はなく、鳥取大山の山頂に暮らすホタルは、日本で一番最標高に生息するホタルとなりました。



こんな日本で一番最強のホタルが最近見つかるような場所が、鳥取大山なのです。すごくないですか…?このホタルの話は一例にすぎません。鳥取大山には多くの固有種が存在します。それは鳥取大山の環境だからこそ生まれたものなのです。



そう考えると…
『鳥取大山は「日本の中心」、フュージョンにより色違いが生まれる場所。』
ということが腑に落ちてこないででしょうか?



ちなみにここまで話してきたことを踏まえて、もっと言語化すると…
『鳥取大山は「標高と季節によって、北海道から沖縄を感じることができる日本の中心。特化した何かが集まって珍しい何か(固有種や新種)が生まれる場所。』
とも言えそう。そんな生物にとって、何かが生まれやすい環境なのです。



自然界の最先端である生き物や植物に言えることであれば、
もしかして、同じことは、その先にいる「ひと」でも…?






常に変化していく気持ち。



以上。当日のお話をプチ振り返りしてみました。
実際には、もうちょっと詳しく&「同じことは人でも…?」のあとにもお喋りはしてますが、長くなりすぎるので今回はここまで!



毎年こうしてお話しする機会を頂けることは本当にありがたいなぁと思います。
鳥取城北高校であれば、話す対象は高校生と毎年変わりはないので、資料などもそこまで作り変える必要もないのかもしれません。



ただ、それはあまりしたくなくて。毎回新しい自分のことを少しでも話せるように、少しづつ資料もブラッシュアップしています。新鮮なおとなをみせたいじゃん?笑



今回は、今年思いついたメモの話を中心にしたので、資料もけっこう作り変えました。
だからこそ、僕自身も聞いてくれる高校生と同じような新鮮な気持ちでお話しできたなと感じています。



自然体でいるのと、自分自身に慣れてしまうのは、似たようにみえて全然違います。
いつでも新しい自分であり続けられるように、毎日今を大事に過ごしていくぞ~!!と改めて思いました。



聞いてくれた高校生たち、
今回の機会を提供してくれた鳥取城北高校&リッキーありがとう。
楽しかったです!!



それでは、今日はこの辺で。
感想あればアップ先のSNSでもメッセージでもください、喜びます。
それでは、明日も張り切っていきましょー!!!!




紹介したいもの。



■カケルキッチン
毎週土曜限定。週替わり店長のお店。今シーズンは今月11月で終了なり。



■シゴト場カケル

鳥取大山で運営しているシェアオフィス。写真、デザイン、動画制作、イベント企画立案、クラウドファンディンまで、各ジャンルに特化してるメンバーでチームを組んで対応します。なにかご相談あればお気軽に下記からどうぞ~!



■トマシバ

今シーズンは11月21日で終了なり。間に合えば今シーズン、間に合わなければまた来シーズンぜひ!
鳥取県大山の麓。名峰大山と日本海のあいだ標高300mに広がる広大な芝畑で、一日一組限定のグランピング。暮らしに触れる様々なアクティビティもご用意。滞在される方ひとり一人に合った旅行コースの相談ものってます。(トマシバ詳細は画像をクリックしてね。)




■鳥取のプロ、まさし


観光プロデューサーまーしーが、鳥取の魅力をゆるく発信するYouTubeチャンネル。(
詳細は下記画像をクリック!)








2021年11月9日火曜日

【十月まとめ】2021年10月くらしごと振り返り記事。



十月の歌「アニー」ズーカラデル 




今月も始まりました。毎月のくらしごと報告。
暮らしと仕事で、くらしごと。
(関連記事「【八月まとめ】2021年8月くらしごと振り返り記事。」)
(関連記事「【九月まとめ】2021年9月くらしごと振り返り記事。」)




合同会社sunsuntoメンバーおゆうの卒業、新たなsunsuntoメンバー紅ちゃん&りのりのを迎え入れました。
それに伴い、10月は暮らしの拠点であるシェア別荘わたげ荘がTHIRDSEASONに突入。



わたげ荘のシェアハウススペースにも三組(紅ちゃん&りのりの&さやかちゃんとやえけん)が新しく暮らし始めました。シェアハウススペースはまんぱん。



新しい風が吹いています。今月のトピックは初旬ですが、やはりおゆうの卒業。
おゆうたくさんありがとう、意思を継いで紅ちゃん&りのりのも頑張ってますよ~!






それでは!!!
Twitterを遡りながら、九月を振り返ります。






2021年10月をTweetで振り返る。





▼【トマシバ】合同会社sunsunto新メンバー紅ちゃん参戦、あずぷろメンバートマシバ設営体験






▼【くらし】大山町名和門前の集落役目~神社清掃&草刈り~






▼【くらし】ガイナーレ鳥取初観戦、合同会社sunsunto新メンバーりのりの参戦





▼【しごと】合同会社sunsuntoメンバーカメラ講座に参加。





▼【しごと】大山町観光課にsunsuntoメンバー紹介





▼【くらし】わたげ荘にて年に一回の芋煮会を開催





▼【くらし】朝のラジオ体操 in わたげ荘





▼【くらしごと】sunsuntoメンバー向けプチ大山ツアー





▼【シゴト場カケル】カケルキッチンごはんみっちゃん





▼【くらしごと】平澤牧場クラファン達成パーティー





▼【くらし】わたげ荘でごはんみっちゃんの会





▼【くらし】芝で朝ヨガの会





▼【くらし】カケルツアー in 鳥取八頭郡エリア






▼【くらし】トーテムポール掘り~イトナミダイセン藝術祭~





▼【シゴト場カケル】カケルキッチン季節のランチルームさざなみ×ふじぱん





▼【くらし】イノシシ鍋の会 in わたげ荘





▼【くらし】鳥取大山登山 with 大山メンバー






▼【しごと】とっとり移住Web休日相談会にておしゃべり





▼【しごと】BSSラジオ放送の選挙特×YouTube生配信にゲスト出演








▼【くらし】大山秋のご縁日に参戦





▼【OrangeTrip】トマシバ滞在者へ酪農体験、ドローン体験





▼【あそび】「今日からおはよー鳥取」さっけー卒業





以上、2021年10月くらしごと振り返り記事でした。
季節の変わり目、秋から冬へ。
11月も張り切っていきましょう~!




紹介したいもの。



■カケルキッチン
毎週土曜限定。週替わり店長のお店。今シーズンは今月11月で終了なり。



■シゴト場カケル

鳥取大山で運営しているシェアオフィス。写真、デザイン、動画制作、イベント企画立案、クラウドファンディンまで、各ジャンルに特化してるメンバーでチームを組んで対応します。なにかご相談あればお気軽に下記からどうぞ~!



■トマシバ

今シーズンは11月21日で終了なり。間に合えば今シーズン、間に合わなければまた来シーズンぜひ!
鳥取県大山の麓。名峰大山と日本海のあいだ標高300mに広がる広大な芝畑で、一日一組限定のグランピング。暮らしに触れる様々なアクティビティもご用意。滞在される方ひとり一人に合った旅行コースの相談ものってます。(トマシバ詳細は画像をクリックしてね。)




■鳥取のプロ、まさし


観光プロデューサーまーしーが、鳥取の魅力をゆるく発信するYouTubeチャンネル。(
詳細は下記画像をクリック!)