2022年5月24日火曜日

【大山参道ホテル 頂】「大山町に泊まろうキャンペーンで、実際に泊まってみた」 Vol.1

5月24日

天候「晴れ」
今歌「トリコ」Nissy



やっほー!!!おはようございますー!!!
大山町に泊まろうキャンペーンがはじまり、SNSで泊まったことある宿の紹介をはじめました。それに加え、実際にキャンペーンを利用して泊まろう企画もはじめます。



本日は第一弾。第十弾くらいまでいきたいと思っています。
第一弾は、大山町の大山参道ホテル 頂のAKANE に泊まっています。
大山参道ホテル 頂には、客室が二室あります。



最上階が「ITADAKI」、もう一部屋が「AKANE」。
大山参道ホテル 頂は、二回目の滞在になるのですが、前回はAKANEに宿泊。
まだ泊まったことがない「ITADAKI」にすればよいのに、
AKANEの客室が好きすぎて、今回もう一度AKANEに泊まりにきてしまいました。



大山参道ホテルは素泊まりがノーマルプランで、オプションで料理をつけれます。
またキッチンが併設されているので、自分たちで自炊も可能です。ちなみに昨夜は、すしの郷たむらに食べに行きました。



本日は、朝のひかりで六時まえに目覚めました。
朝から弓ヶ浜な日本海、そして振り返れば大山北壁を一望。
いつもと違う標高からの景色は新鮮で気持ちいいっす、朝散歩もばっちり。



大山町に暮らしながら、大山町の宿の良さを実感できる機会は本当にありがたい。



前回の記事にも書きましたが、鳥取大山町に暮らしていると、
地元のお宿に泊まろうと思うことはなかなかありません。



今回のキャンペーンは宿泊施設が助かる側面もありながら、自分たちが暮らす町の良さを再認識することにつながると思います。自分たちが暮らす町の魅力を知ることによって、また違った目線から暮らしている町を見るキッカケにもなる。



大山町民の方にこそ、本当にこのキャンペーン利用してほしいっす。
あ!ちなみに大山参道ホテル頂のAKANE、できれば初見での「うおー!!!!」
を味わってほしいので、あえて写真のせませんが、改めてまじおすすめです。
それでは本日はこのへんで!
今日も一日張り切っていきましょう~!


 (暮らしの風景。雪も完全の溶けて、緑が濃ゆゆい春と夏のあいだ。)




紹介したいもの


大山参道ホテル 頂

観光地として知られる大山。その最大の魅力は暮らしにこそある。大山に暮らす私たちが日々感じている大山の魅力を最高のかたちで味わっていただきたい。大山の「そこにあるだけの何もしない贅沢」をぜひご堪能ください。(関連サイト「公式ホームページ」)




■大山町に泊まろうキャンペーン


鳥取県民の方、大山町民の方、トマシバにぜひ~!4人以上であればトマシバお得に泊まれまっす!
予約は右記から「予約はこちら






■シゴト場カケル


鳥取大山で運営しているシェアオフィス。
クラウドファンディング、クリエイティブサポート等の相談は、サイト下部にあるメールアドレスからどうぞ。写真、デザイン、動画制作、イベント企画立案、クラウドファンディンまで、各ジャンルに特化してるメンバーでチームを組んで対応します。




■トマシバ

今シーズンの予約開始は2022年2月15日~
営業期間は、2022年4月1日~11月15日


鳥取県大山の麓。名峰大山と日本海のあいだ標高300mに広がる広大な芝畑で、一日一組限定のグランピング。暮らしに触れる様々なアクティビティもご用意。滞在される方ひとり一人に合った旅行コースの相談ものってます。(トマシバ詳細は画像をクリックしてね。)









2022年5月23日月曜日

【月間記事数更新】日常の中に「書く」を、朝の時間に「書く」を。

5月23日

天候「晴れ」
今歌「さんぽ」井上あずみ


やっほー!!!おはよー!!!!
ブログ継続して書けてますね。毎朝ってのが良いね。
そして、実は自分の中の記録を更新しておりました。



なんの記録かと言うと、一カ月間に書いたブログ記事数の記録です。
鳥取大山にきてからの月間最高記事数、2015年7月が19記事。
ブログを初めてからの月間最高記事数、2011年4月が20記事。



2022年5月は、この記事で21記事目。
知らぬ間に記事数を更新しまくっていました。



ブログをはじめたての2011年4月、記事を書くモチベーションは高し。
鳥取大山にきたからの2015年7月、記事を書くモチベーションは高し。
ただ記事数を更新した今月と比べると、確実に違うことがある。



それは、モチベーションを高めて記事を書いているというわけではなく、
日常の一部として、あたりまえの習慣の一つとして書いているということである。
まじでそのあたりは大きくことなりますね。



ブログ記事の変遷をみてるとまじでやばい進化を遂げていることにも気付く。
「いい〇〇だいぇい」という構文で、ブログタイトルをつけている初期時代は、5行くらいでまとめられる内容を30-50行ほどで書いている。内容はほぼないはずなのに、記事の密度が恐ろしく高いことも驚きの一つ。



また、その驚きの変化と時代は振り返って書きたいと思います。
朝の時間に書くとは決めているけれど、絶対書かなければいけないというルールもない。
なので気付いたら終わっているかもしれないが、ずっと続いているかもしれない。



そんな何も決まっていない朝の「書く」を楽しんでいきたいと思います。
今日はこんなところでドロン!
それでは!今日も張り切っていきましょうー!!!


 (暮らしの風景。鳥取大山町の御来屋漁港で魚介散策。)




紹介したいもの



■大山町に泊まろうキャンペーン


鳥取県民の方、大山町民の方、トマシバにぜひ~!4人以上であればトマシバお得に泊まれまっす!
予約は右記から「予約はこちら






■シゴト場カケル


鳥取大山で運営しているシェアオフィス。
クラウドファンディング、クリエイティブサポート等の相談は、サイト下部にあるメールアドレスからどうぞ。写真、デザイン、動画制作、イベント企画立案、クラウドファンディンまで、各ジャンルに特化してるメンバーでチームを組んで対応します。




■トマシバ

今シーズンの予約開始は2022年2月15日~
営業期間は、2022年4月1日~11月15日


鳥取県大山の麓。名峰大山と日本海のあいだ標高300mに広がる広大な芝畑で、一日一組限定のグランピング。暮らしに触れる様々なアクティビティもご用意。滞在される方ひとり一人に合った旅行コースの相談ものってます。(トマシバ詳細は画像をクリックしてね。)













2022年5月22日日曜日

【やりたいことよりも興味】カケルでこれから始まるプロジェクトのひとり言。

5月22日

天候「晴れ」
今歌「やってみよう」WANIMA



やっほー!!おはよー!!
昨日は、大山に四月からやってきたゆんゆんのカケルキッチンでした。
大山にきてから、興味をコツコツ形にしてきてるゆんゆん、素晴らし。



今回のカケルキッチンは、シゴト場カケルが
これから新しく公開する制度のプレ利用でした。



今後シゴト場カケルでは、ひとりひとりに住まう人の「興味」を形にするべく、
ひとりひとりへの興味への投資をできるような場所を目指していきます。



自分たちの会社が大きくなることではなく、自分たちの地域に「興味」を形にするひとが増えるように。そんな小さなサポートをしていきます。



具体的には下記のプロジェクトを考えています。
プロジェクト概要引用。実施したい方は希望性で、大山周辺で下記を実施したい方ならだれでもOKです。



【シゴト場カケルの興味を形にするプロジェクト】
下記プロジェクトを実施するメンバーは、プロジェクト実施(前・後)について、note記事を2記事制作するのが条件となります。※予算以上にあがった収益の10%は、次回の①②③のプロジェクト予算へ回し、次のプロジェクト実行者へとバトンを繋げます。


①マイプロジェクト年間12件(予算1万円)
興味を形にする第一歩。あなたの興味を自由に形にするプロジェクト。無料・有料の企画どちらもOK。有料企画の場合、予算以上の収益は、あなたの収益に。無料の場合は、返金必要ありません。

 
②カケルプロジェクト年間2-5件(予算5万円)
興味をすこし大きな規模で形にするプロジェクト。一人で完結ではなく、周りの手助けも必要になる大きさのプロジェクト。カケルメンバーへの企画趣旨を話し、数人の同意が得れれば企画実施OK。マイプロ同様、無料・有料企画どちらもOK。有料企画の場合、予算以上の収益は、あなたの収益に。無料の場合は、返金必要ありません。

 
③10万円チャレンジ年間2件(予算10万円)
興味を自分の時間も投資して形にするプロジェクト。sunsuntoが運営する「トマシバ~泊まれる芝畑~(宿泊事業)」「シゴト場カケル(シェアオフィス事業)」等のサポートを週二回しながら大山に2ヶ月間滞在し、自分の「何かしたい」「やってみたい」にチャレンジするプロジェクトです。

sunsuntoは以下2点を支援。
「①10万円の資金提供  /  ②滞在拠点の無償提供(「わたげ荘」というシェアハウス)」
事業運営サポートに対しての報酬は発生しない代わりに、住むところの提供と興味を形にする10万円を支給。使い道は自由ですが、滞在中に少しでも刺激と張りが出るように条件を3点設定。
「①使い切ること  /  ②使用用途が説明できること  /  ③最終的に2ヶ月間の滞在で「やってみたこと」の成果を発表すること」
10万円の資金は返金の必要はありません。収益性も何も考えず、10万円であたなの興味を形にしてみてください。収益が出た場合は、あなたの活動費に充ててください。

①正木梨乃夏さん 2021年10-11月 愛知県から参加「ありがとう、大山。
②紅花有紀さん  2021年10-11月 島根県から参加「大山で過ごした、2ヶ月
 
 

上記が仮決定しているもので、予算感や件数は変わるかもしれませんが、六月~七月の公開を目指して動いています。



今回は、上記の①をカケルキッチンでゆんゆんが実践しました。
支給された予算一万円に対して、食材費などの経費が約7,000円、売上が約10,000円でした。今回はプラスになりましたが、マイナスになった場合は予算の中から差し引くので、リスクなしで興味をかたちにできるような制度です。



ちなみに利益の10%は次のプロジェクト実行者へ繋ぐ基金となります。プラスになった時に、その一部が次の自分と同じような境遇のひとへと繋がる設計になっています。ちなみに、収益性を度外視した個展や、実験をするようなものであれば、予算の返金は必要ありません。



上記の予算はどこから?具体的にはトマシバやカケルの売上の一部や、今後寄付プロジェクトとしても立ち上げようと考えています。「ただただ応援したい!」という方たちの寄付金はプロジェクトに全て充てさせてもらいます。




そんな感じで、ゆんゆんのカケルキッチンの話しから、まだ公開していない具体的なプロジェクトのはなしまでしてしまいました。考えていることを公開していく場でもあるので、この場では考えてる過程のものもどんどん出していきます。



やりたいことなんてなくてもいいと思う、でも誰にでも「興味」はある気がしてて、その「興味」をかたちにすると、結果としてやりたいことできてたりすると思うんです。
なので、「やりたいこと」でなはく「ひとりひとりの興味」にアプローチ。そういう意味でやってみるというのが大切だなと思います。それを全力で後押ししながら、このプロジェクト自体がどうなるのかが、僕自身の「興味」でもあるので、みんないい感じです!!笑



ということで、書きすぎたので、今日は以上~!
言いたいことはただひとつ!ゆんゆんのオムライスがめちゃ美味しかったぞー!!!
ということです、ぜひ次回あればみなさんも食べに来てくださいね。
それでは今日も一日張り切っていきましょうー!!


 ’(暮らしの風景。ゆんゆんの特製オムライス、旗がかわいい、ぱしゃり。)





紹介したいもの



■大山町に泊まろうキャンペーン


鳥取県民の方、大山町民の方、トマシバにぜひ~!4人以上であればトマシバお得に泊まれまっす!
予約は右記から「予約はこちら






■シゴト場カケル


鳥取大山で運営しているシェアオフィス。
クラウドファンディング、クリエイティブサポート等の相談は、サイト下部にあるメールアドレスからどうぞ。写真、デザイン、動画制作、イベント企画立案、クラウドファンディンまで、各ジャンルに特化してるメンバーでチームを組んで対応します。




■トマシバ

今シーズンの予約開始は2022年2月15日~
営業期間は、2022年4月1日~11月15日


鳥取県大山の麓。名峰大山と日本海のあいだ標高300mに広がる広大な芝畑で、一日一組限定のグランピング。暮らしに触れる様々なアクティビティもご用意。滞在される方ひとり一人に合った旅行コースの相談ものってます。(トマシバ詳細は画像をクリックしてね。)